プール

f:id:mi-ma-cpa:20210621084814p:plain

 
4連休に、夫のお父さんと家族でサマーランドのプールに行ってきました。
 
入場制限があるので事前にチケットを買って。
 
 
子供たちはばぁばとパパと行ったことがありましたが、
私はサマーランド初めてでした。
 
制限のおかげでそこまで混雑せず、良かったです。
 
 
この日は35度近い猛暑日・・・
 
プールに入っていれば平気ですが、
外に出ると日差しが強くてテントのなかでも熱かった!
 
 
それでも子供たちは元気いっぱいはしゃいでいました。
 
私は一回流れるプールを一緒に回ったら疲れてしまい、
パパとじぃじにお任せして、ほとんどテントで寝てました。
 
 
最後は少し復活して、じぃじとバトンタッチして屋内エリアで
遊びました。
(じぃじは密が心配だからと、屋内エリアには入りたがらなかった・・)
 
子供たち、学校でもプールを習っているおかげでずいぶん
しっかり泳げるし水がへっちゃらで、本当に楽しそうでした。
 
2人でエンドレスにスライダーを滑り、疲れすぎて
ふらふらしてるので何とかひっぱって連れて帰ってきました^^;
 
家族4人だと私があんまり動けないせいで我慢させちゃったと
思いますが、じぃじのおかげでめいっぱい遊ばせてもらえて
良かった!
 
 
最近は、私のお腹もずいぶん目立ってきて子供たちが
何かと気を使ってくれます。
 
プールの時も、赤ちゃんいても泳げる?
蹴られないところに行こうね、と心配してくれました。
 
優しいにぃにとねぇねになってくれそうだな~。
 
 
一方で、
ママは赤ちゃん産まれたらぼくたちのことは考えないから。
赤ちゃんのことしか考えなくなるから。
 
なんていう息子の発言もあり。
ちょっと寂しい気持ちもあるのかな?
 
産まれてからの上の子たちのケアは気を付けないとですね。

戌の日の安産祈願

f:id:mi-ma-cpa:20210616090027p:plain

 
先日の戌の日に、家族で神社に安産祈願に行ってきました。
 
妊婦さんがたくさん来ていました。
 
お宮参りの赤ちゃんもいて可愛かった~。
 
 
ご祈祷は20分ほど。
 
大神様の力をいただきました。
 
無事に健康に生まれますように。
 
 
子供たちは、おとなしくしていましたが、ご祈祷中も
ひたすらあやとりをしていました。
 
 
最近、空前のあやとりブーム。
 
自分たちで本やYou Tubeを見て色々な形を作っています。
 
私も子供の時は連続あやとりとか、2人あやとりとか
色々やったけど、ほとんど忘れちゃったな。
 
かさばらないし、静かに遊べるので外出先では助かります。

オリンピック

f:id:mi-ma-cpa:20210621084814p:plain

 
オリンピック、始まりましたね。
 
去年開催予定だった時にチケットの抽選に応募して
シンクロナイズドスイミングを見に行くのを楽しみにしていたのですが。。
 
その後コロナ、オリンピック延期、となった時点で
延期になってもまだコロナは収束していないだろうと思って
チケットは払い戻していました。
 
いずれにしても無観客になりましたが。
 
こんな状況じゃなければ、もっとワクワク楽しめただろうなぁ。
誰のせいでもないけれど、とにかく残念。
 
 
でも、テレビで見てもやっぱりオリンピックは楽しいです。
 
開会式は、家族みんなで視聴。
20時開始でいつもは20時半には寝ている子供たちなので、
1時間ほどで全員眠くなって寝てしまい、残りは翌朝録画で。
 
息子は、各国の選手入場の時に地球儀を持ってきて
色々な国の名前や場所に興味津々でした。
 
娘は、きれいな衣装を見つけては喜んでいました。
 
私は、ドローンの地球とピクトグラムの演技に感動したなぁ。
 
 
その後の競技もところどころですが家族で見ています。
子供たちは、サッカーの試合を見てから急にスイッチが入り、
4連休はほぼ毎日、夕方からパパとサッカータイム。
 
保育園のときに1年くらい近くの学校でサッカーを教えてもらって、
それ以来見向きもしなかったのに。
 
良い刺激になっています。
 
水泳も自分たちがやっているので、けのびだ!クロールだ!
と興味津々。
 
 
息子は空手を習っているので形と組手、娘には
新体操やアーティスティックスイミングを見せたいな。
どれも8月になってからですね。
 

夏休みスタート

f:id:mi-ma-cpa:20210621084814p:plain

今日から子供たちは夏休み。
 
昨日は終業式で、成績表を持って帰ってきました。
 
2人ともよく頑張りました。
 
娘は、私の方がAが多い~ と息子の成績表が
気になる様子。
2人とも前回もう一歩だったところが改善しているので
2人ともすごいんだよ! と伝えたけれど
双子の張り合いはなかなか難しいなと思いました。
 
息子は、1年生の時はお友達とはしゃぎすぎて
もめてしまったこともありましたが、今回の成績表では
お友達に対する気遣いができたり、良い関係を築けていることが分かって嬉しかったです。
 
娘は、優等生タイプであまり言うことなし。
でも2学期は整理整頓をがんばりましょう!と書かれていました。
娘の弱点、しっかり見抜かれています。
 
 
 
今日から夏休み。
といっても、ほとんど毎日アフタースクールです。
 
しっかり勉強の時間をとってくれて、給食やおやつも出るのでありがたい。
お友達がいるので、子供たちも楽しみにしています。
 
たまに同じ学年がうちの子たちだけ、ということがあっても
一緒に遊べるのは双子の特権です。

公認会計士協会と税理士会の研修

f:id:mi-ma-cpa:20210614104244p:plain

私は公認会計士かつ税理士なので、毎年両方の研修義務が発生します。
 
 
税理士登録が今年なので、両方の研修を受けなければならないのは今年度が初めて。
 
両方の研修でどれくらい時間がかかるのか調べてみました。
 
<各会の研修義務時間数>
団体
制度名
1年間の義務時間
集計期間
継続的専門研修制度(CPE
44単位(≒時間)
4/1~3/31
税理士研修制度
36時間
4/1~3/31
単純に合計すると、1年間で80時間の研修を受ける必要がありますが、
一部お互いに単位にできる研修があるので、80時間は受けなくてよさそうです。
 
公認会計士協会の研修は基本的に1時間一単位ですが、
一部、2時間一単位でのカウントがあります。
 
 
<公認会計士協会の研修を税理士会の単位にできるケース>
税理士業務に隣接」する研修で、「会場参加による」ものに限る。
 
→つまり、税務関係の研修に実地参加する必要があります。
 
コロナ禍のいま、ほとんどの研修がオンラインになっており、
数少ない会場開催の研修も往復の時間を考えると参加が難しいです。
 
しかも税務関連のみなので、認定される研修自体が少ないですね。
そのため、こちらは大分ハードルが高い印象です。
 
 
<税理士会の研修を公認会計士協会の単位にできるケース>
税理士会の研修はすべて単位として認定できる。
ただし、リモート研修、eラーニング、マルチメディア研修は「自己学習」として
2時間で1単位の扱いとする。
 
税理士会の研修はすべて単位にできるので、こちらの方がややハードルは低いです。
 
ただ、オンラインだと単位が実地参加の1/2になってしまいます。
 
税理士会も今はオンライン研修がメインなので、なかなか単位がたまりませんね・・。
 
 
<効率的な単位獲得方法>
結局・・・
① 税理士会の研修を優先的に受講(36時間)
② 公認会計士協会の研修で残り時間を受講
 (①をすべてオンラインとすると、44時間 - 36/2時間 = 26時間)
ということになります。
 
合計62時間は受講が必要なので、計画的に進めないとですね。
 
 
私の今年度の受講状況はというと・・・
税理士会: 14/36時間(38%)
会計士協会:14/44時間(32%)
 
ちょうど集計期間の1/3が経つところなので、ぎりぎりのペースです。
 
 
もちろん、時間を稼ぐのではなく、学習することが目的ではありますが、
単位を取れないと資格停止もあり得る(会計士のみ)ので、頑張ります。

5カ月に突入

f:id:mi-ma-cpa:20210616090027p:plain

 
16W
 
ようやく5カ月の安定期に入りました。
 
少し前から、体調は一気によくなり、
今まで隙があれば横にならないと何となくつらかったのが嘘のよう。
 
週末も、物件をはしごして見に行ったり、
展示場に行ったり、子供たちと科学館に行ったりと
忙しく動いていましたが、元気いっぱい。
 
 
でも双子の時の妊娠記録を見ていたら、
この時期に引っ越しをして動き回っていたら、その後の健診で
赤ちゃんが小さめなのでゆっくり休むように言われてしまったようなので
無理は禁物ですね。
 
ついつい元気だと動き回ってしまいます。
 
 
本当にたまーに、お腹の中でモゾモゾ動く気配がありますが
胎動なのかはよくわからず。
 
双子の時は2週間ごとだった検診が、単胎だと
4週間ごとなので次の検診までがとても長く感じます。
 
 
ベビが元気に育っていますように!
 

負けず嫌いっこ

f:id:mi-ma-cpa:20210621084814p:plain

うちの子たちは男女の双子で、一応お姉ちゃんと弟なのですが、
小さいときから2人のライバル意識がすごいです。
 
仲は良いのですが、何かとはりあう。
 
特に娘は息子には絶対負けたくないようで。
 
 
今朝の出来事。
 
朝、20分間勉強の時間をとっていて
学校から期限なく出ている課題やちゃれんじに取り組んでいますが、
娘はわりとのんびりしているので、息子よりだいぶ遅れ気味。
 
あんまり息子ばっかり進んでもな、と思って
娘がたまっている課題を片付けるまでの間のつなぎに、
息子にはちゃれんじ3年生のお試し教材をやらせてみました。
(たまたま今受講しているちゃれんじについてきて、息子が興味津々だったので。)
 
 
国語は読解なので特に問題なく。
算数は分数の問題で、少し説明したらできてしまいました。
 
3年生の問題なのにすごい!!
と私が息子をべた褒めしていると。。。
 
 
娘が一生懸命
「〇〇ちゃんは、こないだ中学生のもんだいできたんだよね!!!
すごいよね!!!」
 
とアピール(笑)
 
 
着替えていたパパのところにも、私こないだ中学生の問題解けたの!!!
と言いに行っていました。
 
 
少し前ですが、算数のアプリで間違えて中学生のを開いてしまい、
「正の数・負の数」の問題だったのでできちゃったときのことですね。
 
 
内心、アピールはいいから今の課題を終わらせてくれ~
と思いつつ、
 
うんうん、2人ともすごいよねー!
もう次は中学生になれるんじゃない?
と平等にほめるしかなかったです。
 
 
でも自己肯定感は大事だから
いっぱいほめるところを見つけてほめて伸ばしたいなと思います。
 
実際には、ダメ出しとか、怒ってばっかりですが。。。